稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

世界遺産 フマユーン廟とインドの旅をまとめてみた結果!

世界遺産の旅

世界遺産 フマユーン廟とインドの旅をまとめてみた結果!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

インドの世界遺産なら!

インドの世界遺産を巡る旅に出てみたいですね。

その中でも

デリーの「フマユーン廟」は、是非とも訪れてみたい

世界遺産の一つです。

動画で「フマユーン廟」について調べてみました。

ご覧になって楽しんでくださいね。

フマユーン廟とは・・

フマーユーン廟)は、インド共和国の首都デリーにある、ムガル帝国の第2代皇帝フマーユーンの墓廟。インドにおけるイスラーム建築の精華のひとつと評され、その建築スタイルはタージ・マハルにも影響を与えたといわれる。

ムガル帝国第2代皇帝フマーユーン は、1540年、ビハールの地をしたがえたパシュトゥーン人(アフガン人)の将軍でのちにシェール・シャーと名乗るスール族のシェール・ハンに大敗し、これ以降インド北部の君主の座を奪われてペルシアに亡命し、流浪の生活をおくった。やがてイラン(ペルシア)のサファヴィー朝の支援を受け、シェール・シャー死後の1555年にはアーグラとデリーを奪回して北インドの再征服に成功したが、翌1556年に事故死してしまった。
フマーユーン死後の1565年、ペルシア出身の王妃で信仰厚いムスリマであったハミーダ・バーヌー・ベーグム(ハージー・ベーグム)は、亡き夫のためにデリーのヤムナー川のほとりに壮麗な墓廟を建設することを命令した[2][注釈 1]。時代は、アクバル大帝治世の前半にあたっていた。
伝えられるところによれば、ペルシア出身の建築家サイイド・ムハンマド・イブン・ミラーク・ギヤースッディーンとその父ミラーク・ギヤースッディーンの2人の建築家によって9年の歳月を経て完成されたという[3][注釈 2]。その建築は、ムガル帝国の廟建築の原型を示すといわれている。
1993年、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 http://ja.wikipedia.org

フマーユーン廟に旅する画期的な方法が暴露されていた!?

ネットビジネス成功者が

無料で使っているツールが暴露されていたの知ってましたか?

↓ ↓ ↓

この完全無料ツールを上手に使って世界遺産の旅に出かけている人が

いるようです。使い方にコツがあるみたいです!!

フマーユーン廟への旅もこの無料ツールを使えば、可能にできる人が現れるはずと言われてます。

インド世界遺産巡りデリー「フマユーン廟」

世界遺産フマユーン廟 2

世界遺産「レッドフォート」

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸